オッズ分析データ

単勝人気別勝率・回収率データ

単勝人気別のデータを見ていきたいと思います。

人気 勝率 連対率 複勝率 単勝回収 複勝回収
1番人気 32% 51% 64% 76 83
2番人気 19% 37% 51% 79 83
3番人気 14% 28% 42% 82 83
4番人気 9% 21% 33% 80 79
5番人気 7% 16% 26% 82 80
6番人気 6% 13% 22% 85 81
7番人気 4% 10% 17% 81 79
8番人気 3% 7% 13% 80 81
9番人気 2% 6% 10% 76 79
10番人気 2% 4% 8% 70 79
11番人気 1% 3% 6% 71 76
12番人気 1% 2% 5% 61 68
13番人気 1% 2% 3% 59 68
14番人気 0% 1% 3% 47 60
15番人気 0% 1% 2% 39 52
16番人気 0% 1% 1% 37 49
17番人気 0% 1% 1% 38 49
18番人気 0% 0% 1% 26 35

やはり上位3番人気までは馬券からは外せない

よく1番人気の単勝を買い続けたらどうなるのかという疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが、ご覧の通り単勝回収率76%・複勝回収率83%という結果になっています。1~3番人気は複勝率が40%以上で回収率も80%以上を記録しているように馬券戦略からはやはり外せない馬と言えるでしょう。一方で10番人気あたりから複勝率が10%未満になり、16番人気からは複勝率1%以下・回収率も50%以下になり、大きな強調材料がない限り馬券には不必要な馬と言えるでしょう。

人気別データの欠点

人気別データというのは頭数によって大きく変わってきます。例えば、10頭立ての1番人気と18頭立ての1番人気では勝率~回収率まで大きく変わってきます。

頭数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収 複勝回収
10頭 36% 58% 74% 75 87
18頭 28% 46% 58% 74 81

上記のように当然、10頭立ての1番人気の方が成績は良くなります。逆に12番人気が複勝率5%しかないといっても、12頭立ての12番人気と、18頭立ての12番人気ではまったく意味が変わってきます。したがって、馬券戦略を立てる上で人気別データを把握しておくことも重要ですが、同時にオッズ別データも把握することでより正確に確率を把握できるようになります。

基礎データ関連記事オッズ分析データのまとめ記事はこちら
・単勝人気別勝率・回収率データ
・単勝オッズ別勝率・回収率データ

 

最近の記事

  1. 朝日杯セントライト記念(2020年)過去オッズ分析
  2. 関西テレビ放送賞ローズステークス(2020年)過去オッズ分析…
  3. 産経賞セントウルS(2020年)朝一オッズ予想
  4. 京成杯オータムハンデ(2020年)朝一オッズ予想
  5. 紫苑ステークス(2020年)朝一オッズ予想

アーカイブ

PAGE TOP