オッズ分析データ

単勝1倍台の10倍以下の頭数別的中率・回収率



単勝1番人気が1.9倍を切るような絶大な支持を誇っている馬が本当に信頼できるのか信頼できないのかが事前に分かれば非常に有利です。そこで単勝1倍台の馬が単勝10倍以下の馬の頭数によって的中率・回収率がどのように変動するかを見ていきたいと思います。

単勝10倍以下 勝率 連対率 複勝率 単勝回収 複勝回収
1頭 70% 80% 88% 84 93
2頭 55% 74% 83% 81 90
3頭 46% 68% 80% 75 87
4頭 44% 66% 77% 76 86
5頭以上 42% 65% 78% 75 88

10倍以下の頭数が少ないほど1倍台は信頼できる

単勝10倍以下という人気馬=強いと考えられている馬の数が少ないということはそのレースにおける強い馬が少ない可能性が高く、10倍以下の頭数が少なければ少ないほど1倍台の馬は信頼できるということがわかります。特に10倍以下が1頭の場合は複勝率88%に回収率も93%と非常に高い数値を記録しており信頼できる1倍台と言って良いでしょう。

10倍以下の頭数は1倍台の勝率を左右する

単勝30倍以下の頭数がそのレースで馬券圏内に来る可能性がある馬の多さを示すものであれば、単勝10倍以下の頭数はそのレースで勝てる可能性がある馬の多さを示すものになります。したがって、データを見てもわかるように複勝率よりも勝率の差の振れ幅が非常に大きいことがわかります。特に10倍以下の数が1頭の場合と5頭以上の場合では勝率に28%の差があります。同じ単勝1倍台の馬でも前者は勝率70%と信頼できる馬で後者は勝率42%と信頼度が一気に落ちます。

是非、参考にして下さい。

単勝1倍台関連記事オッズ分析データのまとめ記事はこちら
・単勝1倍台の朝一複勝オッズ別的中率・回収率
・単勝1倍台の朝一単勝オッズ別的中率・回収率
・単勝1倍台の10倍以下の頭数別的中率・回収率
・単勝1倍台の30倍以下の頭数別的中率・回収率
・単勝1倍台の2番人気オッズ別的中率・回収率
・単勝1倍台の複勝オッズ別的中率・回収率

最近の記事

  1. 阪急杯(2020年)過去オッズ分析
  2. 中山記念(2020年)過去オッズ分析
  3. 小倉大賞典(2020年)朝一オッズ予想
  4. フェブラリーS(2020年)朝一オッズ予想
  5. 京都牝馬ステークス(2020年)朝一オッズ予想

アーカイブ

PAGE TOP