オッズ分析データ

朝一オッズと直前オッズの的中率・回収率を完全比較

朝一の単勝1.5倍、直前の単勝1.5倍、同じ1.5倍ですがどちらが信頼できるのか。果たして朝一時点でのオッズは信頼できるのか、直前オッズと比較しながら的中率・回収率を見ていきたいと思います。

単勝オッズ 複勝率(朝一) 複勝回収(朝一) 複勝率(確定) 複勝回収(確定)
1.0~ 1.4 87% 93 88% 92
1.5~ 1.9 79% 88 78% 86
2.0~ 2.9 68% 85 66% 83
3.0~ 3.9 58% 85 56% 83
4.0~ 4.9 52% 84 49% 81
5.0~ 6.9 43% 82 42% 81
7.0~ 9.9 33% 81 34% 80
10.0~14.9 24% 81 26% 81
15.0~19.9 17% 80 21% 82
20.0~29.9 12% 81 16% 81
30.0~49.9 7% 75 11% 82
50.0~99.9 4% 63 6% 77
100.0~ 1% 48 2% 54

朝一オッズは信頼度が非常に高い

データをご覧頂ければわかるように人気上位の馬は朝一オッズの方が全般的に複勝率が高く、人気下位の馬は直前オッズの方が複勝率が高くなっています。つまり、直前で売れている馬よりも朝一にしっかりと売れている馬の方が信頼でき、朝一に売れていない馬は信頼できないということなので朝一オッズは信頼度が非常に高いということがわかります。同じオッズを確認するにしても直前だけではなく朝一のオッズを確認することがとても重要です。

朝一オッズを活用して馬券に活かす

単勝100倍以上の馬は複勝率が非常に低いですが、直前オッズを見て単勝100倍以上の馬を除外するよりも、朝一で100倍以上の馬を除外する方が精度が高まります。買い目を減らしたいのであれば朝一オッズを見て人気がない馬を削除していくのが良いでしょう。逆に直前で単勝50倍を超えるような人気薄馬でも朝一に20倍台ぐらいであれば馬券に絡む可能性が高まります。

以上のように朝一にオッズが売れている馬を中心に馬券を組み立てて頂ければと思います。

※当日・過去分を含め朝一オッズが無料で閲覧できるサイトがオープンしたのでご利用下さい

朝一・直前比較関連記事オッズ分析データのまとめ記事はこちら
・単勝人気「朝一・直前比較データ」
・朝一オッズと直前オッズの的中率・回収率を完全比較

 

最近の記事

  1. 朝日杯セントライト記念(2020年)過去オッズ分析
  2. 関西テレビ放送賞ローズステークス(2020年)過去オッズ分析…
  3. 産経賞セントウルS(2020年)朝一オッズ予想
  4. 京成杯オータムハンデ(2020年)朝一オッズ予想
  5. 紫苑ステークス(2020年)朝一オッズ予想

アーカイブ

PAGE TOP