オッズ分析講座

有馬記念の2強に危険信号!?



2016年の有馬記念はキタサンブラックとサトノダイヤモンドが2強オッズになりそうです。

基本的に「2強は2強で決まらない」というのが競馬のセオリーなのですが、改めて重賞レースにおける2強レースの分析をしてみました。

重賞レース「2強オッズ」分析データ

クラス 馬券 対象レース数 的中数 的中率 回収値
G1 1-2番人気単勝 9レース 6レース 67% 87
G1 1-2番人気複勝 9レース 9レース 100% 93
G1 1-2番人気馬連 9レース 1レース 11% 20
G1 1-2番人気ワイド 9レース 4レース 44% 77
全重賞 1-2番人気単勝 49レース 37レース 76% 94
全重賞 1-2番人気複勝 49レース 46レース 94% 86
全重賞 1-2番人気馬連 49レース 16レース 33% 85
全重賞 1-2番人気ワイド 49レース 24レース 49% 75

※2005年1月1日~2016年12月18日のデータ
※単勝2番人気のオッズが2.9倍以下という定義でデータを収集

この表からわかることをまとめます。

A.2強のいずれかが勝つ可能性は高い
B.2強のいずれかは最低でも馬券圏内に絡む
C.2強が馬連で決着する可能性は低い
D.2強がワイドで決着する可能性は半分以下

AとCから「2強のいずれか→2強以外の馬」への馬単という馬券が、BとDから「2強のいずれ→2強以外の馬」への三連複という馬券が賢い戦略であることが見えてきます。

したがって、2強のどちらが信頼できるのか、2強以外で馬券に絡む馬はどの馬かというのを考えることが2016年の有馬記念的中への近道だといえるでしょう。

参考にして頂ければと思います。

最近の記事

  1. 大阪杯(2019年)過去オッズ分析
  2. マーチステークス(2019年)過去オッズ分析
  3. 毎日杯(2019年)過去オッズ分析
  4. 日経賞(2019年)過去オッズ分析
  5. 阪神大賞典(2019年)朝一オッズ予想

アーカイブ

PAGE TOP