オッズ分析データ

単勝1番人気オッズ別勝率・回収率データ



同じ単勝1番人気で1倍台のような断然人気の場合と4倍を超えるような割れている1番人気の場合があります。1番人気のオッズ毎のデータを見ていきたいと思います。

単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率 単勝回収 複勝回収
1.0~ 1.4 62% 81% 89% 80 94
1.5~ 1.9 45% 66% 78% 76 86
2.0~ 2.9 31% 52% 65% 76 83
3.0~ 3.9 23% 40% 54% 76 81
4.0~ 4.9 17% 31% 42% 72 74
5.0~ 6.9 16% 29% 38% 84 77

※小数点1位を四捨五入
※過去約9年のデータ

同じ1番人気でもまったく違う

表をご覧頂ければわかるように同じ1番人気でも的中率・回収率は大きく変わってきます。特に単勝1.4倍を切る馬であれば複勝率89%・回収率94%と非常に優秀な成績ですが、4倍台になると複勝率42%・回収率74%と成績が一気に低下してしまいます。やはり、同じ1番人気でもしっかりと売れている1番人気と押し出されるような形で1番人気になった馬とでは成績が大きく異なってきます。

1番人気のオッズで波乱度がわかる

単勝1番人気のオッズを見ることでレースの波乱度を計ることも可能です。

例えば、1番人気が1.0~1.4倍の場合は複勝率が89%あるため、1番人気がほとんどの確率で馬券になるため低配当になりやすくなります。逆に1番人気が4倍台の場合は複勝率が42%と半分以下になっており、1番人気が2回に1回以上の確率で馬券に絡みません。したがって、高配当になりやすくなります。このようにオッズごとのデータを把握しておけば、オッズを見るだけで、大体何%ぐらいの確率で馬券に絡むか、波乱確率は何%ぐらいかといったことがわかるようになります。

単勝1番人気関連記事オッズ分析データのまとめ記事はこちら
・単勝1番人気完全攻略データ
・単勝1番人気5倍以上時のオッズ別的中率・回収率データ
・単勝1番人気オッズ別勝率・回収率データ

 

最近の記事

  1. 根岸ステークス(2020年)過去オッズ分析
  2. シルクロードステークス(2020年)過去オッズ分析
  3. 東海テレビ杯東海S(2020年)朝一オッズ予想
  4. アメリカジョッキーC(2020年)朝一オッズ予想
  5. 東海テレビ杯東海ステークス(2020年)過去オッズ分析

アーカイブ

PAGE TOP